事業計画書

 
 

平成28年度事業計画書
(平成28年4月1日〜平成29年3月31日)

放射線障害防止中央協議会


 本年度は、放射性同位元素等を取扱う者の認識を高め、安全管理を徹底し、放射線障害の発生を未然に防止するよう適切な対策の推進に資するため、研修会の開催及び広報活動を行う。

1.放射線安全管理研修会等の開催
1−1放射線安全管理研修会
 医療機関、放射線安全管理の研究機関、その他放射線取扱安全部会等の幅広い分野の協力を得て、放射性同位元素等取扱事業所の放射線施設責任者、放射線取扱主任者、放射線業務従事者等を対象にした研修会を次のとおり開催する。
(1)秋期開催
   @会場・開催時期:
東京会場 平成28年9月28日(水)
   A研修内容
1) 放射線障害防止法関係の最近の動向
(原子力規制庁 放射線規制室)
2) 「DNA損傷応答研究の役割と将来展望」
3)

眼の水晶体の線量限度に対する最近の動向
〜水晶体の線量測定・防護は必要か?〜

4) RI内用治療の進歩と将来展望
〜ふくしまの取り組みを含めて〜
5)

?特別講演(仁科記念賞受賞)
「中性子過剰核における魔法数の異常性の発見」
〜消える魔法数、生まれる魔法数 〜

(2)春期開催
   @会場・開催時期:

東京会場 平成29年2月〜3月頃
大阪会場    同上
   A研修内容(予定) 放射性同位元素等取扱事業所の安全管理実務に直結するテーマとして、放射線障害防止法に基づく規制の見直しの方向性及び内容についての検討結果について原子力規制庁担当官から「放射線障害防止法関係の最近の動向」と題しての講演を拡大して開催の予定。 また、放射線安全管理に役立つ最新の研究成果で得られた知見や関心の高いテーマについての特別講演を行う。

1−2放射線安全管理講習会
 (公財)原子力安全技術センターが主催する放射線安全管理講習会を共催する。
   @開催時期:平成28年10〜11月
   A開催場所:札幌、東京、名古屋、大阪、福岡での開催を予定

1−3医療機関のための放射線安全管理講習会
 公益財団法人原子力安全技術センターが主催する医療機関のための放射線安全管理講習会に協賛する。
   @開催時期:平成28年10月
   A開催場所:東京、岡山 2会場での開催を予定

2.ホームページによる情報公開
 当協議会のホームページ http://www.houchukyo.org/ を用いて当協議会の事業活動等の情報公開を図る。
 

 

 
 


Back